日常出来る育毛法

抜け毛予防・男性最強品  ⇒ リンク集


抜け毛予防



日常出来る育毛法



top 異常抜け毛で悩んでおいでの方は、原因のどれかに思い当たられたと思います。
異常抜け毛であっても、毛根がある(つまり1度生えた場所)場所には髪が生える条件を整えればまた生えて来る可能性があります。

抜け毛した原因を取り除き、生える条件を整えればまた蘇ります。



髪に優しい生活習慣に切り替える

方法1


日常出来る育毛方法は、生活習慣病の予防で心がけることと全く同じです。髪も体の1組織だからです。
頭皮ケアや抜け毛予防法はいろいろあるのですが、代表的なものを紹介します。

・正しい睡眠で体内リズムを正常化する

最初は体内リズムの復活と確保です。
人間は午前0時から2時に最も深い眠りが得られます。この眠りに入ると、交感神経優位の状態から副交感神経優位の状態になります。

この時は血圧も下がりますが、血流量が増加します。頭皮や毛髪にとっても修復タイムなのです。
夜型生活に慣れた方にとって苦労するかも知れませんが、体内リズムを正常化するが重要になります。

・節煙禁煙の実行

難しいことですね。タバコは交感神経を刺激して毛細血管を収縮し血流量を著しく低下させます。
毛母細胞への栄養・酸素供給の唯一のルートが毛細血管ですので、血流量の低下はダメージが大きいです。

さらに喫煙は活性酸素を発生させます。活性酸素が毛母細胞を攻撃してしまいます。

・深酒を控える

アルコールが肝臓で分解される時に出来るアセトアルデヒド。実はテストステロンをディヒドロテストステロン(DHT)に変化させる働きもあります。

DHTがAGAの原因であることは前に解説した通りです。また、二日酔の状態になると、顆粒菌が増加し結果的に活性酸素が放出されます。

・ストレス解消

ストレスは交感神経を優位にして毛細血管を収縮し血流量を低下させます。顆粒菌が増加し結果的に活性酸素が放出されます。

・過度のダイエットを避ける

40代以降の方が無理なダイエットを行うと、ほとんどの方が異常脱毛を起こします。
ダイエットとは食事を制限することでは無くて肥満の人が高カロリー食を低カロリー食にして、過剰なカロリー摂取を控えることです。大部分の方はこれを勘違いしています。

食事を制限するとホルモン・血液など体に必要なタンパク質が不足して、髪の成長維持だけでなく健康をも阻害します。
また、カロリーは基礎代謝×1.2は最低限必要になり、これを下回るとタンパク質をエネルギーに使用する反応が起こり、パンパク質不足に陥ります。


正しい洗髪法に改める

方法2

育毛のための頭皮環境というと、まず洗髪を思い浮かべます。
しかし、間違った洗髪法をしている人も大勢います。毎日行うものですから1回の差は僅かでも、積み重なると大きな差になって表れると思います。

・良質のシャンプーを使用する

合成界面活性剤、石鹸シャンプーでは逆に頭皮を荒らすことになりますので、値段は少々高くなりますが弱酸性のアミノ酸系が良いと思います。 詳しくは『シャンプー豆ガイド』で解説しています。


・洗髪手順

 @軽く順目ブラッシングをする。汚れを落す前準備です。
 Aお湯で充分にすすぐ・・・髪の汚れはこれで充分に落ちます
 Bシャンプーを少量手にとりあわ立てる・・多すぎない様にして直接頭皮に付けなのがポイント
 C頭皮を揉み込むように洗う。指の腹を使う様にします。
 D良くすすぐ
 Eもう一度同じ用に洗う

リンスはしません。リンスはシャンプーの悪い点を補う為に必要であって、良質なシャンプーではリンスは不要なのです。


・洗髪後はタオルドライ

髪は熱に弱く、キュティクルは70度で変形して元に戻らなくなります。
濡れたキューティクルは開いた状態なので、この状態でドライアーを当てると開いた状態に変形します。
自然乾燥がベストです。この時、タオルでゴシゴシ擦ると髪の表面が傷み、修復することが出来なくなります。


・朝シャンは極力控える

健康な髪を頭皮で考えると朝シャンは改めたい習慣です。
シャンプーで洗い流された皮脂が回復しないうちに外出することになり、雑菌や紫外線に対して、天然バリアが無い状態で挑むことになります。
頭皮は水で濡れた状態であり後頭部が冷え、脳下垂体のホルモン分泌に影響も与えます。


 脱毛エステを技術・実効・価格・接客で比較


 片頭痛は一次性頭痛
片頭痛は治療を要する一次性頭痛


 耳鳴り治療
辛い耳鳴り。あなたに合った治療をして下さい。


 美脚エステを比較
美脚エステを勝手に独断で激辛に比較します。


 痩身エステを比較
痩身エステを辛口比較!エステ痩身で効果的なスリムボディをゲット