髪を抜けにくくする方法

抜け毛予防・男性最強品  ⇒ 髪を抜けにくくする


抜け毛予防


髪を抜けにくくする方法

女性特有の薄毛とは ←|→ 脱毛外来のある病院





◆ 髪を抜けにくくするには毛乳頭の血流維持・改善しか無い


太く丈夫な髪が生えるためには、充分な栄養分が与えられる必要があります。

髪の栄養は毛根部分にある毛母細胞から髪に送られ、毛母細胞に栄養を与えるのは頭皮、そして、頭皮に栄養を運んでくれるのは血液です。


血液がサラサラでスムーズに体内を循環していれば問題ありませんが、タバコやストレスなど血液をドロドロにしてしまう要因があると、血液の流れが滞り身体の隅々まで栄養を送り届けることができなくなります。


頭皮に充分な栄養が運ばれないと当然毛母細胞に蓄えられる栄養も不足し、髪が抜けやすくなります。


こうしたことから、髪を抜けにくくする方法は頭皮に充分な栄養が送られるよう体内環境を整え、同時に髪に必要な栄養素が含まれる食品をしっかりと摂ることが最善策といえます。


髪を抜けにくくする方法でまず大切なことは、血液をサラサラの状態にしておくことです。


血流を促すのに有効な成分は、大豆イソフラボンやカプサイシンいう知覚神経刺激物質です。


肉類よりも魚を中心に献立を考え、同時にビタミン(A、E、B群)と髪に良いとされる海藻類もできるだけ積極的に摂ると効果的です。


さらに、頭皮の代謝をあげて血流を促すために適度なマッサージをすると尚効果的です。


======= 男性限定の最強対策品です =======


いずれも、髪を抜けにくくし、正常な毛周期によって元の髪の状態に戻す作用があります。


ダブルインパクト
ダブルインパクト

丸印 400ml 1ヶ月分 10,800円 送料無料

丸印 育毛因子IGF-1理論に基づく注目の育毛サプリ

丸印 特許第4213617号取得 プロペシアを上回る効果に支持


唐辛子カプサイシンと大豆イソフラボンが知覚神経を刺激してIGF-1を産生する事で発毛を促す、今注目のサプリ。

男性専用  ダブルインパクト

ロゲイン(ミノキシジル5%)
ロゲイン

丸印 60ml×18 通常価格21,000円 カークランド社製

丸印 全国送料無料

丸印 指定のご住所に2本ずつ9回に分けて発送


ミノキシジルの発毛効果は知られていますがメカニズムは解っていませんが、知覚神経を刺激してIGF-1を増やす作用が有ります


男性専用  ロゲイン(ミノキシジル5%)

プロペシア
プロペシア

丸印 28錠 通常価格7,680円

丸印 全国送料無料

丸印 郵便局留め(局留め)発送も対応


プロペシアのフィナステリドは5αリアクターゼU型還元酵素をブロックして抜け毛を予防するものです。薄毛前の状態に徐々に近づけます。


男性専用  プロペシア


◆ シャンプーから見直す


皆さんは、シャンプーに気を配っていますか?毎日しているシャンプーも、意識して洗うと育毛に思いがけないようないい効果を与えることがあります。


ドラッグストアやスーパーで買って使っているシャンプーは、ほとんどが高級アルコールシャンプーといわれるもので、 洗浄力はありますが、育毛にはよくありません。


必要な皮脂まで洗い流されて、頭皮が炎症を起こすことがあるからです。 何よりもいけないのはシリコンもしくは合成ポリマーという成分。


頭皮ケアどころか頭皮を逆ケアします。これだと抜け毛を助長します。


髪の毛の手触りやツヤ感をアップさせるために髪の表面をコーティングする働きがあります。ということは、頭皮にも・・そう、残っています!しかもなかなかとれません。


これが蓄積されると育毛にどんな影響が出るか、お話するまでもありませんよね。抜け毛や薄毛、これはシャンプーが影響していることも十分に考えられます。


あなたが頭皮を清潔に保つために使っているシャンプーが、逆に頭皮のケアを妨げているのかも知れません。もう一度、シャンプー見直しも必要です。


次に洗い方ですが、ここも重要です。髪の毛にシャンプーを付けて泡立てている方も多いようですが、本来シャンプーは頭皮を洗うもの。最初に手のひらであわ立てたら、頭頂部に乗せます。


両手の指をしっかりと広げて指の腹で円を描くように移動させます。一度すすいでもう一度。汚れがある程度落ちると、二度目のシャンプーは泡が持つはずです。今度は髪の毛のほうにまで行きわたらせす。


最後はすすぎです。時間をかけて丁寧に洗い流します。



◆ 抜け毛が減るブラッシング


薄毛は女性の髪のトラブルの中でも最大の悩みとなります。


育毛専門のクリニックに相談したり、育毛剤を使うことも有効ですが、そうしたケアとあわせて日常的なヘアケアの仕方も見直すとさらに効果をあげることができます。


特に、抜け毛が減る効果を期待できるのはブラッシングです

ブラッシングは、髪の乱れを整えるためだけのものではありません。


絡まった髪をほぐすのと同時に髪についた汚れや抜け毛を取り除き、加えて髪の根元から毛先へ向けてブラシをかけると根元部分の皮脂が髪全体に行き渡り、潤いとツヤのある髪にすることができます。


さらには頭皮に刺激を与えるために血流が促され、髪の発育に必要な栄養が行き渡りやすくなるという頭皮ケア効果もあります。


ブラッシングのポイントは、絡まった髪をムリに引っ張らず毛先からほぐしながらとかしていくこと、頭皮に負担をかけないように力を入れすぎないことです。


パサつきがある時には、ヘアクリームやブラッシングスプレーを使うと髪のダメージを防げます。


また、静電気が起こりやすい金属やナイロンのブラシを避け、猪毛や豚毛のブラシを使うことも大切なポイントです。


シャンプーの前や育毛剤を使う前にはブラッシングをします。

フケや汚れをあらかじめ落とすことで洗浄効果があがり、育毛剤の有効成分の浸透率も高まります。



◆ 頭皮の乾燥を防ぐ


頭皮の乾燥はさまざまな髪のトラブルにつながり、薄毛の原因にもなります。

健康な髪が育つためには、頭皮が適度に潤っていることが大切です。頭皮ケアで一番重要です。


水分のないカラカラの土では植物が育たないのと同じように、乾燥した頭皮では強く太い髪を育てることができません。


頭皮が乾燥してしまう原因は、頭皮の細胞の再生サイクルの乱れ、過度なヘアケアのふたつに大きく分けられます。

頭皮の細胞は、肌の皮膚と同じように一定のサイクルで新たな細胞と入れ替わっています。


しかし、血液の流れが滞り頭皮に充分な栄養が送られていないと再生のサイクルに乱れが生じ、頭皮の乾燥につながります。


過度な頭皮ケアとは、洗浄力が強い成分が含まれたシャンプーを使うことで髪に必要な皮脂まで取ってしまうというものです。


頭皮が乾燥すると、髪の健康を損ねるだけでなく、かゆみやフケ・抜け毛の原因にもなります。


フケが増えたことを汚れがしっかりと落ちていないためだと勘違いしてしまうと、余計に神経質にシャンプーをしてさらに頭皮環境を悪くしてしまうこともあります。


洗浄力の強いシャンプーは髪や頭皮に負担をかける成分が含まれていることも多いため、乾燥した頭皮や敏感肌のケア専門に作られた低刺激性のシャンプーを使い、頭皮全体を指の腹で優しくマッサージするように洗うことがおすすめです。



◆ 抜け毛の予防で見落としがちなこと


抜け毛を予防するために育毛剤を使ったり、普段使うシャンプーを頭皮のケア効果のあるものに変えてみたりと、効果がありそうな方法をいろいろと試している方は多いと思います。


抜け毛対策に有効といわれている方法はたくさんありますが、いくら頭皮ケアに効果的といわれる育毛ケアを実践しても、思うような効果を得られないことがあります。


そんな時には、普段の生活の中に育毛効果を邪魔していることがないか考えてみます。


育毛効果が思うようにあがらない時、意外と見落としていることが多いのが「」です。


髪と頭皮の健康を守るためには、常に清潔な枕を使うことが重要です。


頭皮には元々常在菌と呼ばれる菌があるため、枕に菌やホコリがついていると頭皮の常在菌と混ざり合って頭皮環境を悪くしてしまいます。


どんなに評判の良い育毛シャンプーを使っても、これでは意味がありません。

また、枕は首に負担のかからない自分の頭に合った高さのものを使うことも大切です。


高さの合わない枕を使うと充分に熟睡できないだけでなく、肩こりの原因になったり血液の循環が悪くなって頭皮に充分な栄養が送られなくなったりといったことにつながります。


抜け毛の予防や育毛は、このようにさまざまな生活習慣の見直しで効果があがるものです。



◆ 髪に優しい生活習慣に切り替える


日常出来る育毛方法は、生活習慣病の予防で心がけることと全く同じです。髪も体の1組織だからです。


頭皮ケアや抜け毛予防法はいろいろあるのですが、代表的なものを紹介します。


・正しい睡眠で体内リズムを正常化する


最初は体内リズムの復活と確保です。

人間は午前0時から2時に最も深い眠りが得られます。この眠りに入ると、交感神経優位の状態から副交感神経優位の状態になります。


この時は血圧も下がりますが、血流量が増加します。頭皮や毛髪にとっても修復タイムなのです。

夜型生活に慣れた方にとって苦労するかも知れませんが、体内リズムを正常化するが重要になります。


・節煙禁煙の実行


難しいことですね。タバコは交感神経を刺激して毛細血管を収縮し血流量を著しく低下させます。

毛母細胞への栄養・酸素供給の唯一のルートが毛細血管ですので、血流量の低下はダメージが大きいです。


さらに喫煙は活性酸素を発生させます。活性酸素が毛母細胞を攻撃してしまいます。


・深酒を控える


アルコールが肝臓で分解される時に出来るアセトアルデヒド。実はテストステロンをディヒドロテストステロン(DHT)に変化させる働きもあります。


DHTがAGAの原因であることは前に解説した通りです。また、二日酔の状態になると、顆粒菌が増加し結果的に活性酸素が放出されます。


・ストレス解消


ストレスは交感神経を優位にして毛細血管を収縮し血流量を低下させます。顆粒菌が増加し結果的に活性酸素が放出されます。


・過度のダイエットを避ける


40代以降の方が無理なダイエットを行うと、ほとんどの方が異常脱毛を起こします。


ダイエットとは食事を制限することでは無くて肥満の人が高カロリー食を低カロリー食にして、過剰なカロリー摂取を控えることです。大部分の方はこれを勘違いしています。


食事を制限するとホルモン・血液など体に必要なタンパク質が不足して、髪の成長維持だけでなく健康をも阻害します。


また、カロリーは基礎代謝×1.2は最低限必要になり、これを下回るとタンパク質をエネルギーに使用する反応が起こり、パンパク質不足に陥ります。


◆ 正しい洗髪法に改める


育毛のための頭皮環境というと、まず洗髪を思い浮かべます。


しかし、間違った洗髪法をしている人も大勢います。毎日行うものですから1回の差は僅かでも、積み重なると大きな差になって表れると思います。


・良質のシャンプーを使用する


合成界面活性剤、石鹸シャンプーでは逆に頭皮を荒らすことになりますので、値段は少々高くなりますが弱酸性のアミノ酸系が良いと思います。


・洗髪手順


@軽く順目ブラッシングをする。汚れを落す前準備です。

Aお湯で充分にすすぐ・・・髪の汚れはこれで充分に落ちます

Bシャンプーを少量手にとりあわ立てる

C頭皮を揉み込むように洗う。指の腹を使う様にします。

D良くすすぐ

Eもう一度同じ用に洗う


リンスはしません。リンスはシャンプーの悪い点を補う為に必要であって、良質なシャンプーではリンスは不要なのです。


・洗髪後はタオルドライ


髪は熱に弱く、キュティクルは70度で変形して元に戻らなくなります。

濡れたキューティクルは開いた状態なので、この状態でドライアーを当てると開いた状態に変形します。


自然乾燥がベストです。この時、タオルでゴシゴシ擦ると髪の表面が傷み、修復することが出来なくなります。


・朝シャンは極力控える


健康な髪を頭皮で考えると朝シャンは改めたい習慣です。

シャンプーで洗い流された皮脂が回復しないうちに外出することになり、雑菌や紫外線に対して、天然バリアが無い状態で挑むことになります。


頭皮は水で濡れた状態であり後頭部が冷え、脳下垂体のホルモン分泌に影響も与えます。