プロペシア

抜け毛予防・男性最強品  ⇒ 育毛剤選び  ⇒ プロペシア


育毛剤の選び方


プロペシアについて

育毛剤のタイプ ←|


◆ プロペシアについて


プロペシアという育毛剤を聞いたことがあると思います。


もともとはアメリカの薬で、成分名フィナステリドといい、前立腺の病気向けの薬だったのが、副作用として発毛効果があることがわかり、発毛剤としてつかわれるようになりました。





日本では2005年に認可されました。ただ、お医者さんで処方箋をもらって買っても保険適用外なので、値は多少はるようですが。


このプロペシアは、5αリアクターゼU型還元酵素の作用をブロックする事で抜け毛を防止する薬品です。


気になるのがプロペシアの副作用ですが、インターネットで色々調べてみると、まず、精力減退と一時的な脱毛というものがありました。


これは、育毛が活発化したために髪の退行期で抜けるのが早まってしまうようです。

2ちゃんねるなどにも、体験者の副作用含め、色々な体験談が寄せられています。


全部が本当の話かはわかりませんが、中にはかなり信憑性の高い話もあります。


実際に自分の経過の写真を公開されている方もいますが、結果的には、その方にはかなり抜け毛防止効果があったようです。


しかし、副作用についても書かれていて、まず、精力減退、そして、眠気、だるさなどもあったようです。


また、最終的には効果がありましたが、それまでの時期に数回、脱毛が起こることがあったようです。


その方は、スプレーすると髪が増えたように見えるもので、見た目をなんとかして乗り切ったようです。


そして、逆に体毛が濃くなったりしたこともあるようです。それも一時的なもののようでした。



◆ プロペシアを処方箋なしで購入する方法


育毛剤の中でも国内で医薬品として認められているものがあります。それは、「プロペシア」です。


男性型脱毛症の治療薬として、ほとんどの病院で処方されています。


その治療成績はというと、実に半数ぐらいの人が脱毛の進行が止まった、あるいはわずかながらでも発毛の兆候が見られたという驚くべき結果が出ています。


ただ、残念ながらその辺のドラッグストアで購入できるものではなく、医師の処方箋が必要になっています。病院に通院しながら使わなければならないので、ためらう方もいるようです。


どうしても欲しいという方は、個人輸入という方法もありますから、気になる方は検討してみてはいかがでしょうか。


プロペシア以外にも、ミノキシジルの濃度の高いものなど、日本では未承認でも海外では効果が認められ、処方箋無しで手に入る育毛剤はたくさんあります。


ただ、個人輸入を行ううえで、注意しなければいけないこともいくつかあります。まず、偽物が出回っているという点です。


効果が出ないばかりか、場合によっては副作用が出てくることもあります。次に、お金を振り込んで商品が届かないことがある場合。


さらに、ネットで購入するときに、個人データを入力するため、それが流出する場合があります。いずれの場合も、きちんとした業者から購入すれば全く問題はありません。身元のしっかりした信用できる業者に頼むのが一番です。