市販のシャンプー

頭皮ケアして抜け毛予防 ⇒ シャンプーガイド ⇒ 市販品には安い代償


石鹸シャンプー

選び方のポイント ←|→ アミノ酸系

石鹸シャンプーは市販のシャンプー剤を比較して、化学物質や合成剤が含まれていないので、髪の毛や頭皮の与えるダメージが少ない点で非常に優秀な洗髪剤だと言えます。

大部分の市販のシャンプー剤の原料は、いくら天然と謳われていても合成洗剤であることには変わりなく、悪いものだと抜け毛や薄毛、皮膚障害、体質の酸性化や貧血の原因になることがあります。

それに比べて石鹸シャンプーは添加物が市販のシャンプー剤と比べて非常に少なく、成分もアルカリ性なので髪の毛や頭皮に害がないのです。特に髪の毛がギトギトと脂ぎってしまう人には特におすすめです。

この良さを知って、最近では石鹸シャンプーを使う人が増えてきていますが、これを上手に使うには時間の問題であるとも言えます。と言うのは、やはり、市販のシャンプー剤を比較しての使い心地の違和感です。

市販のシャンプー剤を使っているときのように、髪の毛の質感がさらさらにはならないのです。シャンプー剤が指に通らない、髪の毛に滑らかになじまない、髪の毛がごわごわするなどが、石鹸シャンプーの特徴です。

しかし、含まれる成分の安全さを考えると、石鹸シャンプーはやはり優れものであることには変わりがありません。シャンプー後にクエン酸でリンスをする、トリートメントをするなどでごわつき感を解消することができます。

石油系シャンプー


石油系シャンプーは、環境問題を考慮されてか、最近ではあまり見かけられなくなりました。

特に石油だけを原料としているものは、地球環境にとってはかなり有害だとされています。

石油系シャンプーにはノニルフェノール、オクチルフェノールなの環境ホルモンだと認定された物質が含まれています。

流したときに生活排水として非常に悪質なものになったりします。

石油系のシャンプーは環境に害を与えるだけではなく、髪にも頭皮にもダメージを与えてしまいます。

今でこそ石油系シャンプーは市場から影をひそめるようになりましたが、完全になくなったということではありません。

安価で生産できるメリットから、今でも石油系合成界面活性剤が含まれたシャンプーは市販で売られています。市販のシャンプーを買うときは原材料をきちんと把握することが大事です。

シャンプーガイド