高級アルコール系シャンプー

頭皮ケアして抜け毛予防 ⇒ シャンプーガイド ⇒ 高級アルコール系


天然高級アルコール系シャンプー

アミノ酸系 ←|→ 育毛用シャンプー


最近、ドラッグストアや美容専門の店などで、「高級アルコール系シャンプー」を目にしたり、名前を耳にしたりすることがあると思います。

テレビのコマーシャルなどで大々的に宣伝されているので、流通量がトップになりつつあります。

名前だけを聞いても、「高級アルコール系シャンプー」はあまりなじみのないものかもしれませんが、市販のシャンプー剤の多くは「高級アルコール系シャンプー」です。

「高級アルコール系シャンプー」は、メーカーごとに特性はそれぞれ異なってきますが、「洗浄力が強いこと」と「使用するうえで満足感があること」ではどこのメーカーのものにも共通することです。

使い際に泡立ちが非常によく、洗った後の髪の質感も滑らかかつツヤのある仕上がりになるので、コマーシャルなどを見て魅力を抱く人も非常に多くいます。

ここで言う「高級アルコール系シャンプー」の「高級」とは、「炭素数が多いこと」を指します。

「高品質」「値段が高い」ということではなく、「含まれる炭素数が多いこと」で「高級」であるとされます。シャンプー剤に含まれる炭素数が多ければそれだけ泡立ち効果もあり、かつ洗浄力も非常に優秀なものです。

そして「天然高級アルコール系シャンプー」とは、天然オイルをベースに作られたシャンプーで、美容院で利用されているものの大半はこれです。

普通あるいは脂性の人向きに作られていて、髪の毛の質や頭皮がデリケートな人は使用を避けた方が良いとも言われています。

合成高級アルコール系シャンプー


「高級アルコール系シャンプー」には「天然高級アルコール系シャンプー」と「合成高級アルコール系シャンプー」がありますが、このページでは「合成高級アルコール系シャンプー」についてご紹介します。

「天然高級アルコール系シャンプー」は天然オイルを使用することもあり、美容院で利用されるものですが、これに対して「合成高級アルコール系シャンプー」は一般に市販で入手するものです。

恐らく、最も世間で使用されているシャンプー剤で、使用率もトップと言えるでしょう。

また、「高級」という言葉は「高品質」や「高価」を意味するものではなく、「炭素数が多い」ことを意味するだけなので、大量加工や大量生産が可能です。そういった点から、一般に「高級アルコール系シャンプー」は「手に入れやすく高級感がある」という表面上のメリットがあります。

あまりに普及度が高いことから、多くの人が「高級アルコール系シャンプー」で満足感を得ていますが、その満足感はあくまでも表面上のものです。

とにかく洗浄力が強いので、余分な皮脂や老廃物のみならず、頭皮の栄養分になるはずの皮脂まで洗い流してしまうというデメリットがあります。

洗って乾かした後、確かに髪の毛にはふんわり感やしっとり感があって心地よいものですが、これは不溶性物質の効果なので、これが髪の毛や頭皮に残留すると髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまうこともあります。

シャンプー剤を選ぶ際には、自分の髪の毛や頭皮の質を十分に把握して、適切なものを使うことが大切です。

シャンプーガイド